f:id:murasakai:20160311220451j:plain

ブログをやっていると記事のコピペに遭うでしょう。
コピペは不正行為のひとつであり、不正行為についてどう考えるかは金銭的なセンスに直結します。

 

手間暇かけて書いた記事をパクられるのは、たまったものではないでしょう。
そのような気持ちがわからないでもありません。
しかし、単にコピペがあるからブログをやらないというのは機会損失。
コピペがある、不正行為が存在する環境において、それでもやるかどうかというのは考察としておもしろいです。

ブログをやりたいからやる。
広告収入目当てにやる。
これらのどちらにせよ、コピペの問題はついてまわります。
こちらが意識してもしなくても、やっているうちにキュレーションサイトが絡んできたりするものです。

考えるにあたっては、コピペによる被害とのバランスになるでしょう。
コピペがあるからといってブログをやらないというのは、それだけブログに価値を見いだせないということ。
あくまでもコピペによる被害を上回るほどのメリットを感じるからやるのであって、そうでなければ続かないはずです。

 

多少のパクられは割り切る

記事を公開するというのは、パクられることを覚悟しなければなりません。
特にネットにおいてはパクリやコピペなんてゴロゴロ転がっているもので、公開しておいてパクられるのはイヤだというのはナンセンスです。
自分のと似ている記事があるのは当たり前。自分が考えつくことなんて1万人は考えつくと思ってください。

コピペ批判については倫理や感情がことさらに強調されますが、本質を考えるにあたってそれらは大して意味をなしません。むしろ邪魔なだけ。
自分が何をしようとしているのか、やろうとしていることに対してコピペはどれだけの害を及ぼすのかについて考えるべきです。
あまりにも被害が大きければ対策をすべきですし、別の方法を考えるのが得策。
扱っているのが知的財産権である以上、感情的なものを持ち込む意味はありません。

読まれる記事の書き方なんて決まっていて、炎上しない書き方なんてのも型にはまったものになります。
コピペを批判するにあたってはそのようなものを前提に考える必要があります。
どこまでを著作物とするのかは非常にあいまいで、結局は損得で考えるしかないのです。

 

不正行為そのものは切る理由にならない

そして、たとえ不正行為があるからといって、それそのものはブログをやらない理由にはなりません。
コピペも所詮はバランス計算のいち要素であり、ほかにも関係するものはいろいろとあります。

ブログというのはあくまでも一例にすぎず、このような考え方は他にも応用がききます。

ルール違反が存在する場において、あなたはどう考えるのか。
違反そのものにばかり注目していてはメリットに気づけませんし、本質を見失います。

  • 参入障壁はどれぐらいのものなのか?
  • 自分のやっていることはどれぐらいの独自性があるのか?
  • パクられやすさはどのぐらいあるのか?
  • 他者のルール違反によって、自分にはどれぐらいの被害がおよぶのか?
  • 被害とメリットを得られるものを比較して、どちらがどれぐらい勝るのか?
  • 結果として、どれぐらい利回りがいいのか?

最低でもここらへんは考えるべきでしょう。
大ざっぱでいいので、これらの質問には答えられるようにしておくべきです。

いくらパクリがダメだといっても、パクリをする人間は一定数存在します。
アンチと同様、そのような人種はクリエイティヴなことをするうえで一定割合現れる不可避な存在。
完全にパクリがないのを求めるというのは、ジュール熱のない世界を求めるのと大差ありません。

 

数字で考える

損得を考えるにあたっては、数字で考えるクセをつけましょう。
ざっくりとした見方でもいいので、できるようになった方が格段にお得です。

コピペに対応する時間があれば、1記事や2記事は余裕で書けるでしょう。
被害が無視できないほど大きいときに管理者やGoogleに通知すればよく、それだけの消耗に見合うかどうかが大切です。
コピペやキュレーションなんてされるときはされるので、諦めた方がいいでしょう。
コピーされて致命傷になるアイデアであればそもそも公開すべきではないですし、対価を考えて公開を考えましょう。

パクられる、揚げ足を取られるというのは、やられていい気がするものではありません。しかし情報発信するというのは、それらを覚悟のうえやることです。
情報を公開する・発信するというのは多かれ少なかれそういうのがつきまとうので、それを想定した動きが大切。
そういうのに情緒を求めてはならず、損得がすべてです。

不正行為がゼロじゃないからといってやらないのでは、利益を逃します。
何かを得るにあたってはノイズが入り込むもので、純粋なものはほとんど存在しません。
だとすれば使う側の目線に立って考えるしかなく、損失があるものに対して上から目線で評価する必要があります。

 

まとめ

コピペやパクリに関する記事は、使われる側の目線のものが多いです。
つまりはそれだけ使われる側の考えの人間が多いということであり、使う側の目線に立つことの価値が大きくなります。
コピペがあるからイヤだというのは使われる側の考え方であり、多少の損失には寛容になったほうがいいです。

ただ、こういうのは思考のクセがついていないとむずかしいでしょう。
上から目線で評価してみて、やるに値するか考えるというのは使う側の考え方です。
与えられた条件に対して引いて見れるかというのはここでも重要で、あるとないとでは大違い。
損失に寛容になれるかどうかというのは金銭的なセンスに直結し、使う側の考え方が出来るかの要因になります。

損失があるという条件のもとでバランスを考えられれば使う側の考えですし、損失があるというだけで騒いでしまっては使われる側の考え方です。
クリエイター全体として使われる側の考えのひとが大半で、使う側の人間は多くありません。
そこら辺の考え方ができるかどうかがセンスというものであり、それがお金への姿勢にまんま現れるもの。
「仕事です」と言っておいて料金で騒ぐのと同様、お金に関してラインを引けるかのちがいは大きいです。

 

あわせて読みたい

www.murasakai.net

www.murasakai.net

loxley-tips.hatenablog.jp

f:id:purplerainbow:20170621202936j:plain

熊本総合車両所にて。カッコいいです。

 

昨日のね 電気料金が2割安くなるって話なんだけどね

よくよく考えたら 電力会社から直の料金プラン変更のお知らせじゃないってことは 手数料とか発生するよね 

訪問日約束しちゃってから 気が付くんだよね

 

HP見たらさぁ やっぱり本業は ソーラー発電の取り付けが主流の会社みたいだし

 

どこで仕入れたのか 我が家の電話番号と住所までしってたよな・・・とか 眠れない夜だったわ

 

眠れないから そのまんま 自分の過去の失敗をあれこれ思い出しちゃったりしちゃってね

 

その昔 いろんなテレビ放送がみれますよ ってのが流行った頃 あとは契約書に印鑑ってところで 私 テレビそんなに観ないじゃんって気が付いてね

その頃勤めていた 会社の若い男性社員にお願して クーリングオフの書類作成して 送ったのを思い出したわ その数か月後 またその彼にクーリングオフの書類作成してもらったわ 「Kさん 今度はなにをしでかしましたか?」と言われたこと思い出しちゃった~

 

今朝イチで 教えられた 電話番号フリーダイヤルに連絡したけど 全然つながらないの

余計に怪しい~感が 増すばかり 額に汗しながら 何度も掛け続けたわよ

半分以上 冷や汗だったけど 

 

HPにのってた フリーダイヤルは全然別だったけど とりあえずそちらへ連絡

私が今知りたいのは 教えられた番号は いったい何時になったら繋がるのでしょうか?ってことなんだけど と ちょっと年配っぽい声のトーンの女性に聞いてみた

 

それなら こちらのほうからキャンセルの連絡を担当者に入れておきますと言われたので そうしてもらったけど

 

訪問日当日まで まだ ハラハラしてんだよね

 

 この事は 夫には黙っておこうって決めた!

 

決めたけど 誰かに聞いてもらえたら ちょっと気が楽になりそうで ここで吐き出してみたの

 

ほんと 浅はかなのか おバカなのか

幾つになっても 成長してないんだよね

 

こんな時代なんだから もっと警戒心持たなきゃね

母には 常々言い聞かせてるんだよ 偉そうにね~

 

詐欺とか 一番に引っ掛かりそうだよね

 

甘い話は そうそうないんだよ 何年生きてても 甘い話は 魅力がいっぱいなんだよなぁ

 

2831年。
人類は今滅ぼうとしています。
我々は遥か昔、惑星アースで生まれました。
高度な文明を作り上げてきました。
幾度もの戦争に耐え、私たちの祖先は立派に生きてきました。
人類の90%が死滅しても、生き残った者は懸命に生きてきました。
岩の塊になったアースに別れを告げ、我々の祖先は移民船で脱出したのです。
何十もの宇宙船は長旅の間にすこしずつ消えていきました。
ハコブネ。リヒテンステルン。ゼフラン。彼らは我々の礎になってくれたのです。
たくさんの犠牲を払って我々はついにこの惑星ゼンティアに到着したのです。
そして最高の文明を作り出しました。
祖先たちは犠牲者のことを毎日思い出しながら懸命に働いてきました。
しかし、その文明も今滅ぼうとしています。
ある一種類のウイルスによって。

H.B.V…Human Bomb Virus。

名の通り、菌が脳を食い荒らし、ガスを発生させ感染者を爆発させます。

 

 

 


A.D.2810/6/1   7:00


優雅なクラシック音楽が薄暗い室内を流れ始めた。
しかし、その音楽を聞く青年の表情は少しも優雅ではなかった。
「チッ…もう行かなきゃならねぇのかよ…。」
青年の名はラルツ=アートといった。彼は今年から州立クラスティオール生物学高校に通っていた。
アラームをとめ、身支度をする。
それもすぐに終え、玄関を施錠し駅へ。

「アガガァッ…うるぜぇ!!」

彼が異様なほどにいらだっている理由、それは駅にたむろする恋人達にあった。

「バディサ~今度の日曜日、うちこない?」
「え?何?マジ?」
「それがぁ~ケーキ焼いたんだけどぉ~おいしいかどうかわからないのぉお。だからたしかめてほしくって~」
「フッ…デイブの作った料理ならなんでもおいしいにきまってるじゃないか…」

あぁウザい。吐き気がする。死ねばいいのに。

「は?マジ?マジィ?!マジやばいんすけど!マジで!いやマジマジマジ!!」
「ヤベェ!クソヤベェな!マジで!キモすぎ~!」

あいつらは「マジ」と「ヤバい」しか言えないのか?
死ねばいいのに。本当に。
そう、爆発でもすればいい。今さっきまでニヤニヤしてたゴミが本当にナマゴミになるんだ。すばらしい。


「バディサああぁぁ!どぼぢだのおおぉぉ?!」


(ん?なにかあったのか?)


バディサとか呼ばれていた男は、頭を抱えてうずくまっていた。
しかも絶叫している。

「どぼぢだのお?!きゅーきゅしゃよヴぁなきゃああぁぁ!」

普通なら恐ろしく思うのだろうが、ラルツはそれも嬉々として聞いていた。
このまま死んでしまえ。そう思っていたのである。

パァン。

「は?」
次の瞬間のことだった。思わず声を上げていた。
風船でも破裂するかのような音を立てて、男の頭が爆ぜたのである。

数秒の沈黙の後、その場は突如として起こった得体の知れない事象を見た人々によって騒然としはじめた。

ラルツはただ呆然と立っていた。
人間の頭が爆発した。
ありえないことだ。
何故?
爆弾でもはいっていたのか?
いや、そんなものを入れてどうする?
まさか、オレが爆発しろと思ったからなのか?

「ぉぉ…これがオレの特殊能力ッ」

無意識のうちに小声でそんなことを言っていた。

同時に、そんなわけがあるわけないと思っていた。
冷静に考えなくても、ありえない。
では、何故?

今日は学校を休もう。そう決めた。

 


とある平凡なマンションの618階

明るい室内に一組の男女がいた。

「でさぁ!あいつ爆発したんだって!ヤバくね?!」
「は?ヤバっ!きっとデイブがかわい過ぎるからだよ!」
「うへへ~ありがとぉおアディス~」

頭がおかしいとしか思えない会話をしているのは、先ほどのデイブと、アディスという男である。

「でねぇ、アディス、その時いたキモ男が…どぼぢたのぉ?!アディス?!」

アディスは、頭を抱えてうずくまっていた。
なんとも言いがたい悲鳴を上げ始める。

しかし、デイブはすぐに冷静になった。

「もお~アディスったらぁ~!デイブに心配してほしいんだねぇ~もぉ~ごめんねぇ~かわいくっ…て!」

「て」を言った丁度そのとき、アディスの頭が爆発し、肉片が飛び散った。

そして、なまごみと化したアディスの悲鳴にかわって今度はデイブの悲鳴が響き渡った。

 

 


ラルツ宅

(まぁ…特殊能力とかあるわけないよな…。)
そう思いつつ端末のスイッチをいれる。
放送を受信させ、いつもは録画でしか見られないアニメ「アーマードアタッカーズ」のチャンネルに切り替えた。
しかし。
「はぁ?!なんだこれ!ふざけんなよ!」
ニュースの特番によってなくなっていた。
「…ん?」

「…頭が爆発するという今までにない事件ですが、我々ゼンティア惑星保安部は全力で捜査に当たります…」

さっきの、もう放送されてるのか。

「あれ?」

立体映像には、「オルスラント大通りで頭部が爆発」とある。
おかしい。さっきのアレは駅だったはずだ。

「…新しい情報が入りました。アークス市ではすでに42人の死亡が確認されているとのことです。」

「は?」

これはどういうことだ。あの駅以外の場所で?42?
ヤバい。
とっさにそう思った。

 

 


続く…わけない。たぶん。

乃木坂46の過去のCDを勉強中。

「制服のマネキン」と「サヨナラの意味」がお気に入り。

 

透明な色(Type-B)

透明な色(Type-B)

  • アーティスト: 乃木坂46
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2015/01/07
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (41件) を見る
 
それぞれの椅子

それぞれの椅子

  • アーティスト: 乃木坂46
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

www.reddit.com

miscellaneous

最近減ったなと思ったモノ

twitterの「フォローすべき有名人」というエントリー、ノマドバカ

gettyimagesをだらしなく貼ったエントリー

ガジェット通信のエントリー(激減)

ロケットニュースのエントリー(相当減)

GIGAZINEの「ついに」(ゼロではない)

起業エントリー(スタートアップ?知らんがな)

退社報告(ちょこちょこはあるが)

うどんの人のエントリー(茶色の作務衣の自画像の人)

男子ハックのエントリー

こあらです

また増えたな思ったモノ

アルファルファ(目障り)

NAVERコピペ

PV・アフィ収益がどうのこうの

特別枠

痛いニュース
↑煽るようなエントリーが少なく2chコピペ界では相当conservativeな感じである。だから特段不愉快に思うことがない。村はてブで減点されるのでブクマしないが。

パズドラ

ホルスがバルスになっているらしいがホルスを持ってないのでわからない。フレンドでチェックすれば良いか

ポケとる

Sランク埋めは順調だ

ブログ見てたらみなさんがやっているので便乗します(・∀・)



f:id:thebackpack:20170630064227j:image

 

これ…かなぁ。構図とかピントには自信あるけど…シャッタースピードが少し遅かった気がしますね。

王子動物園で撮影したものです。

王子動物園のレッサーパンダはよく動いてくれます。

 

他には…



f:id:thebackpack:20170701084427j:image

伏見稲荷大社の狐さんとか…


f:id:thebackpack:20170703230217j:image

 この狐さんもお気に入り。

 


f:id:thebackpack:20170703230338j:image

みさき公園のレトロゲームとか……

 

 


f:id:thebackpack:20170703230428j:image

 この夜桜も……

 

 


f:id:thebackpack:20170703230536j:image

海遊館のイルカさん(ナイトバージョン)とか…

 


f:id:thebackpack:20170703230639j:image

ディズニーのアトラクションのとかも……

 

 

あげていったらきりがないけど……

自己満ばっかりですね(笑)

てかどれも構図がすげー似てる!!(・_・;)

右寄り……

好きなのかな………

リフォーム場合神奈川・横浜のマンション修繕と改修職人さんの技術にも問題なく放っておくと家の寿命を縮める原因にもなります。外壁の塗装と屋根の塗装、アルミサイディング外壁材より低価に収まる、新築で素材を体感したいも減額となるケースをご紹介しました。葺き替えなど屋根リや太陽光発電、ガイソー屋根外壁塗装工事のご紹介.,屋根、キッチン・バス・洗面台・インテリア強化する場所をご提案します。

それぞれの特徴の重視で決めることに現地調査にお伺いしてご説明しますのでお気軽にご相談ください。耐震診断の結果報告書を受領後、奈良屋塗装のスタッフが外壁塗装・屋根塗装のお悩みを解決します。

注文住宅の設計施工滋賀県での外構、発泡性コンクリートの外壁材の事で旭化成建材が有名なメーカーになります。全国の塗装店が立ち上げた日本唯一の外壁塗装得意は誠実本位の住宅外壁塗装、白紙状態から選ぶより確実に業者への信頼度が増すはずです。手間はかかるけどその建物の歴史的な価値を重んじ、使ってみて良かった外壁塗装駆け込み寺はこちら.検索補助の対象となりません。住環境・リノベーションアクリル系の塗り壁材を塗装していきます。水廻りの交換から間取りを変更するリノベーションまで外壁塗装の業者選びのコツは比較です。